ビタミンB郡に関して

健康管理のことを考えて、毎日必要最低限としてビタミンを吸収するようにしています。主に、補酵素として働き、エネルギー産生の産生の家庭で起こる、何段階物化学反応に関わる酵素の働きを補うことができる。

例えば、糖や脂肪はエネルギーにかせる際にはB1やB2、ナイアシンがタンパク質の代謝にはナイアシンやB12などが働いてくれます。

白米や甘いものなど糖質をたくさんとっているのにB軍が少ないと、エネルギー産生が低下し、体がだるくなる。でも、等が十分代謝されずにだぶつくため、血糖値が上がったり、老化を進める糖化淡白が増えることがわかっています。

それから、皮膚や粘膜の新陳代謝にはB2やB6が必要。不足すると口内炎や肌荒れが起こりやすくアンル。更に心血管の病気との関係もB6、B12、葉酸あたり無いと、血液中にホモシステインというアミノ酸が増えて、真菌酵素や脳梗塞のリスクが上がる。

[PR]
# by ipainirauio | 2014-11-10 10:50